センパーフライ | Semperfli® – ナノシルクGSPスレッド

最強レベルの切れへの強さとダイレクト感! – 24/0、18/0、12/0、6/0、3/0
タイングを快適で自由にするGSPタイングスレッド

センパーフライのナノシルク GSPは原糸そのものから自社開発・自社生産。同じ太さの鋼鉄の約7倍の強さなのに細くしなやかで非常に優れた強度のスレッドで、各デニール等級で業界最高レベル*の強度と品質で作られています。自社生産の強みでスプールも独自開発されているので途中で絡んだりせず最後まで使い切ることができます。

細く、薄く、強く、ダイレクト感が高く、テンションのかけやすいナノシルクは、スレッドワークをより正確かつ快適に行うことができますので、初心者の方は学習速度を上げるきっかけとなり、ベテランの方は不安から開放されて創造性がUPし、プロタイヤーの方は生産性が一気に上がります。スレッドに気を使うこと無く、マテリアル集中モード全開!

「シルク」の名前の通りの滑らかな使い心地と品質。巻いてみればすぐ分かる、この快適さ。マテリアルの隙間を狙う時はワックスを付けずに、マテリアルをしっかりとホールドしたい時はワックスを付けて使い分けすることで、マテリアルのコントロールが段違いに楽になります。

フライフィッシングの必然やノウハウから生まれた新しいスタンダード、ぜひ実感してください。

*Global Fly Fisher調べに基づく (http://globalflyfisher.com/tie-better/fly-tying-thread-table)

とにかく強い

各デニール等級で業界最高レベル*の強度と品質で作られています。無理に切ろうと強く引っ張り続けると針が折れるほどの強度!
しっかりとホールドして巻き始めから巻き終わりまで不安にさせません。

また十分な強度があるのでダビングループやスレッドループも快適です。

薄くて細い

微細な繊維を緩やかに縒ってありますので、そのまま巻いても巻き太りしません。ボビンを反時計周りに回してほどけばさらに薄くできるので平たくボディを仕上げたり、繊細な場所はボビンを時計周りに回転させてさらに細くしてタイトに繊維の隙間を通して巻きつけたり、効率良くマテリアル扱いに意識を集中しながらタイングを進めることができます。

伸びないダイレクト感と安心

ストレッチ性の低い素材なので針やマテリアルの感触がダイレクトに伝わるのも使いやすさの秘訣です。

強度と併せて、スレッドのテンションを高く保ったままマテリアルへ絡んだりすることなくしっかりとホールド。快適にスレッドワークが進められます。

吸水性も低く、巻き留めたところが水を吸って伸びることもありませんので、ドライフライの浮力の維持はもちろん、水中で使うウェットフライやニンフ、ストリーマーへも安心して実釣へお使いいただけます。

マテリアル豆知識

フライを巻くための糸「スレッド」は、24/0、6/0のように分数で表記されている時は、左側の数字が大きくなるほど糸の直径が細くなっています。
20D、100DのようにD(デニール)で表示されている場合は、数字が大きくなるほど太くなっています。

プロが求める究極の細さ新登場! ナノシルク 24/0 プロフェッショナルGSPスレッド

GSPタイングスレッド 20D

業界最細24/0がついに登場!直径あたりの強度では最強レベルのタイングスレッド、それがナノシルク 24/0 プロフェッショナルGSPスレッドです。

その細さはマイクロバーブのハックルの隙間はもちろん、18/0よりもさらに細くCDCファイバーの茂みへスッと出入りする衝撃のスレッドワークを産み出します。

細く薄い20デニール・破断強度750gですので、サーモンフライやウェットを今よりもすっきり巻いたり、#18サイズ以下の小さなドライフライや#30サイズ級のミッジでも無駄な厚みを出すことなく、より軽く・小さいフォルムのフライを巻き上げたい、こだわりの方におすすめしたい究極のスレッドです。

フライの一部だけを後から補修する時にも非常に便利です。

  • 100m巻き・全2色・・・ブラック、ホワイト

先行発売中!:渋谷SANSUI Part1、池袋SANSUI、上野SANSUI、横浜SANSUI、上州屋八王子店、ループトゥループ、鱒夢、加藤毛ばり店、サーフェイスアウトフィッターズ、アマノフィッシング、リバーズエッジ、ビギナーズマム

驚異の汎用性で大人気ウルトラファイン ! ナノシルク 18/0 ウルトラファインGSPスレッド

GSPタイングスレッド  30D

繊細な細さの30デニール部門では最強レベル*のタイングスレッド、それがナノシルク 18/0 ウルトラファイン スレッドです。

マイクロバーブ・ハックルの隙間へスッと入っていく細さと巻き厚みの出ない薄さにも関わらず、安心の破断強度1.1kg!

24/0よりもテンションMAXで小さなドライフライやニンフ・ウェットフライはもちろん、ミッジから小型のサーモンフライまで無駄な厚みを出すことなくすっきりとしたフライを巻き上げたい時におすすめのスレッドです。

ハックルの隙間や残りわずかのヘッドスペース処理の快適さ、是非体感してください!

カラースレッドは50m巻きスプールで全13色!

  • 100m巻き・全2色・・・ブラック、ホワイト
  • 50m巻き・全13色・・・イエロー、レッド、オリーブ、コパー、ピンク、ブラウン、グレイ、オレンジ、【18/0だけの特別色】パープル、ベージュ、ターコイズ、ダークグリーン、ライムグリーン

先行発売中!:渋谷SANSUI Part1、池袋SANSUI、上野SANSUI、横浜SANSUI、つるや釣具店、上州屋八王子店、ループトゥループ、鱒夢、加藤毛ばり店、信州伊那アングラーズパラダイス、サーフェイスアウトフィッターズ、アマノフィッシング、リバーズエッジ、ビギナーズマム

チューブフライの新しいスタンダード! ナノシルク 12/0 ファインGSPスレッド

GSPタイングスレッド 50D

先行発売中!:つるや釣具店、信州伊那アングラーズパラダイス、アマノフィッシング、リバーズエッジ

ベーシックなフライを完璧に巻くために求められる最高の強度と繊細さを。50デニール部門最強レベル*のナノシルク 12/0 ファイン スレッド

ハックルの隙間へスッと入る細さと厚みが出づらい薄さにも関わらず、18/0よりもさらに安心の破断強度1.9kgで中型のドライフライやニンフ・ウェットフライはもちろん、厚みを出したく無いチューブフライやストリーマー、小型のソルトフライにも最適です。

ハックルの止め始めやパラシュートポストなどをしっかりと力を込めて巻き留めることで、ストレス無くタイングがはかどります。またダビングループを使う場合には12/0の強度が必須です。

  • 100m巻き・全2色・・・ブラック、ホワイト
  • 50m巻き・全8色・・・イエロー、レッド、オリーブ、コパー、ピンク、ブラウン、グレイ、オレンジ

タフなフライやスリップウイング・ディアヘアはこれ! ナノシルク 6/0 プレデターGSPスレッド

GSPタイングスレッド 100D

100デニール部門最強レベル*、切れる心配いらずの破断強度3.8kgのナノシルク 6/0 プレデター スレッド。
ダビングループをガシガシとブラシで擦るイントルーダーやバスバグ、ソルトウォーターパターンなどには必須です。
抜けやすいヘアー材やフォーム材、ぐらつきやすいダンベルアイなどを力強くしっかりとフックへ巻き止めることができます。
また、伝統的な「スリップウイング」でクイルウイングを3回で巻き留めたい場合や、エッグフライやディアヘアを使ったスレッドが食い込み切れしやすいパターンにも100デニール幅の6/0がオススメです。

先行発売中!:ループトゥループ、信州伊那アングラーズパラダイス、アマノフィッシング

NASAに採用されているナノシルク原糸

面積あたりの強度がケプラーよりも優れているナノシルク。
NASAが計画している宇宙空間をフットボール場ほどの巨大な帆で進む宇宙帆船「スペースセイル」プログラムの帆の素材として採用されています。

究極のタフネス! ナノシルク 3/0 ビッグゲームGSPスレッド

GSPタイングスレッド 200D

200デニール部門最強レベル*、破断強度7.6kgのナノシルク 3/0 ビッグゲーム スレッド。スチールヘッド向け大型イントルーダーはもちろん、大型ポッパーやウェイトを巻き込んだオフショア用ストリーマーなど、カジキやマグロ、シイラやアカメといったビッグゲーム向けの大型フライの耐久性を高めて、狙った大物ターゲットを仕留めてください。

またダビングループの要領でツイストさせることでシルクガットよりも遥かに強度の高いアイとしてブラインドアイ・フックに使うこともできます。

先行発売中!:ループトゥループ、信州伊那アングラーズパラダイス、アマノフィッシング

クラス別比較表

Global Fly Fisher によるテスト結果、30D、50D、100D、200Dの各クラスでそれぞれナノシルク GSP 18/0、12/0、6/0、3/0が最高の強度を示しました
デニール クラススレッド製品繊維素材デニール直径破断強度
20デニール クラスナノシルク 24/0 プロフェッショナル GSPスレッドGSP20デニール0.014mm750g
30デニール クラスナノシルク 18/0 ウルトラファインGSPスレッドGSP30デニール0.025mm1,140g
A社 30D スレッドGSP30デニール0.019mm652g
50デニール クラスナノシルク 12/0 ファインGSPスレッドGSP50デニール0.038mm1,900g
A社 GSP 50D スレッドGSP50デニール0.02mm1,815g
B社 12/0 スレッドGSP50デニール0.023mm1,811g
C社 10/0 スレッドGSP50デニール0.033mm1,077g
100 デニール クラスナノシルク 6/0 プレデターGSPスレッドGSP100デニール0.041mm3,800g
A社 GSP 100DスレッドGSP100デニール0.03mm3,630g
B社 7/0 スレッドGSP100デニール0.036mm3,622g
200 デニール クラスナノシルク 3/0 ビッグゲームGSPスレッドGSP200デニール0.062mm7,600g
A社 GSP 200DスレッドGSP200デニール7,250g
B社  ケブラー スレッドケブラー200 デニール3,798g

*2014-2019年「Global Fly Fisher」によるテストに基づく

https://globalflyfisher.com/tie-better/fly-tying-thread-table

アンディとサンディの強度実験

センパーフライ製品開発担当のアンディがプロタイヤー歴45年の大ベテランのサンディに、ナノシルクがどれだけ強くて薄いのか、実際にフライフックに巻きながら実験しました。驚きの結果をご覧ください。

こんな使い方も

ケブラー以上の破断強度であるだけでなくカラーバリエーションも豊富なので、フライラインやシューティングラインのループをスレッドで止める時(6/0以上推奨)や、ジグや鯛ラバのアシストフック作り(6/0や3/0推奨)などにも活用できます。

ロッドビルディングの時の止め糸として使われる方もいます

釣り以外にはアクセサリー作りや洋服作りの補強糸として使われたケースも!

よくある質問

Q. ナノシルクはどのボビンホルダーで使えますか?

ティムコ、C&Fデザイン、ストンフォ、RITE、SMHAENなど、各社ボビンホルダーでお使いいただけます。ベストマッチはセラミック加工されたボビンがオススメです。18/0や12/0などを使い、テンションMAXでタイングされる際は、テンション調整機能のついたボビンホルダーをお使いください。

カラースレッドを白い先端のボビンでお使いいただく場合、強いテンションを維持したまま使い続けているとスレッドの染料が付着することがありますのでご注意ください。お気にされる方はホワイトまたはブラックのナノシルク をお使いいただき、ホワイトの場合は油性カラーペンで着色しながら使うこともできます。

マルク・プティジャンTTボビンはグルーブ沿いにある微小なバリへ繊維が絡みやすいためGSPスレッドにはお勧めしません。「スパイダースレッド」はTTボビンとの相性が良いのでご検討ください。

Q. ティムコ アジャスタブルマグネットボビンと一緒にお使いいただく場合

マグネットパーツのロックナットを中間くらいの位置にセットしてからスプールを通しボビン本体へセットしてください。

よりスプールのテンションをコントロールされる場合は、ボビンへ同梱されているOリングを本体側へセットしてお使いください。

ストッパーキャップの付いている新スプールの場合は、キャップを捨てずに取っておいてキャップをはめた状態で当ボビンへセットしてください

Q. ボビンホルダーへの取り付け方について教えてください:旧ラベル編

センパーフライのスプールに付いているラベルは、スレッドの端が取り出しやすいようにしてあります。
まずスプールを上にした状態で用意します。

ラベルをそっと取り外し、スプールの端のスレッドを引き出します。
ラベルはまた戻すので、接着面にゴミなどがつかないように気をつけてください。
スレッドを引き出したら、ラベルを元に戻してください。

ラベル中央のスプールの穴の部分に、タイングシザースなど先の尖ったもので穴を開けます。

ボビンホルダーにセットして、スレッドをホルダー先のパイプから引き出せば準備完了です。

Q. フライフックへの巻きつけ方について教えてください

センパーフライ ナノシルクGSPスレッドに何も付けずにフックシャンクに巻き留める方法が「わかりづらい」とのご指摘が以前ありましたので、覚えやすい方法を見つけました。
合言葉は:「クロスさせ、3回追い越し、3回追いつく」
1) 左手でスレッドをしっかりと保持、右手はボビンをしっかり保持してテンションをかけてスレッドをシャンクへひっかける
2) スレッドの端をクロスさせたら
3) そのままフック後方へ3回巻きつける(追い越す)
4) スレッドの端をフック後方へ引っ張ったら、すかさずフック後方へ3回巻きつける(追いつく)
ナノシルクは繊維が細かいので食い込ませることで摩擦で滑らなくなります。

詳細は動画をご覧ください。

最後に余ったスレッドをタイングシザースでカットします。

Q. どのハサミ/シザースが使いやすいですか?

GSPスレッドや細かいマテリアルには、刃の先がタングステン加工されているシザースがオススメです。また炭素鋼のクラフトナイフ(チューブフライやディアヘアパターンなどにも便利)も細かい処理がしやすいので選択肢に入ると思います。

Renomedの「フライタイヤー・スーパーカット/ストレート」は刃の片側にミクロのサイズのギザギザ加工がされてGSPスレッドが滑りづらくなっておりオススメです。

製品情報:
https://www.c-and-f.co.jp/pdt/1241011.html

その他、Tiemcoの「レイザー」シリーズのギザ歯、Dr.Slickの「タングステン」シリーズ、Renomedの「ブレイドカッター」などありますが、「挟んで押し切る」では無く、「刃へテンションをかけてナイフのように切る」必要がありますので、慣れないうちは小型のシザースの方が刃の面積に対してテンションを最大化にしやすいのでお試しください。

また、時計回りに回転させて縒りを強くすることでも切りやすくなります。

Q. ナノシルクを「ほどく」「撚りつける」方法について

ナノシルクやスパイダーをセットしたボビンを時計回りに回転させると「撚り」が入り、スレッドをより細く摩擦を強くして使うことができます。反対にフラットに使いたい場合は、ボビンを反時計回りに回転させると「ほどく」方向へ回転します。ほどいたスレッドはミシン針を使うことで割くことができますので、そこへダビングや切り出したハックル繊維などを挟むことで「スレッドループ」を活用することができます。

Q. ナノシルクは滑り止めにワックスを使わないとならないのでしょうか?

ナノシルクは撚りの入っていないフラットな繊維ですので、テンションをかけて巻けば繊維同士が噛み合って滑ることはあまりありません。

マテリアルをしっかりと止めたい時は、他のスレッドと同様にワックスをお使いになるとダビング材の繊維のまとまりが良くなって作業がしやすいです。

Q. 「カスケード」ブランドのナノシルクと「センパーフライ」ブランドのナノシルクは同じ製品ですか?

2016年7月以前に輸入された「カスケード」ブランドのナノシルクは、米国カスケード社によって管理されていた旧OEM製品が国内へ輸入されたものとなります。現在の「センパーフライ」ブランドのナノシルクは旧製品とは異なり、センパーフライ社が自ら100%自社生産ラインの元で品質管理と製品改良が行った製品であり、自社工場で機械の調整を行っているスプールの品質は業界最高水準、「ブラック」の染色も「ブラック+」「ブラック++」と改良されて今は第3世代になっています。全く別の製品となっておりますので、ご留意ください。