サンライン | Sunline – 磯SP ビジブルトマト 150m HG 【ユーロニンフやウェットフライに便利なインジケーターリーダー】

¥1,738

【Made in Japan】

川でも止水でも!ユーロニンフィングやウェットフライの釣りで超・見やすいカラーのインジケーターリーダー!
大会選手やエキスパートのおすすめです。

独自の「トマトオレンジ」に染色されたラインは非常に見やすく、時間帯・光の角度など条件を選ばず確認でき、特に明るい日中や水が濁っている時にも目立つカラーとなっています。糸フケの管理やメンディングのタイミングが分かりやすくアタリを鮮明に捉えることができます。

ハイグレード・ナイロンで出来ている、浮力・視認性・強度の3つを担保したインジケーターラインです。比重が1.15と軽いので浮きやすく、ホバーさせたり、フロータントを塗ることで水面に浮かせておくことができます。柔らかい糸質でフロロカーボンのティペットと結束する時も抜けづらくなっています。

川のユーロニンフで使いやすい2号と止水のユーロニンフやウェットで使いやすい4号を在庫しました。

  • 巻量:150m
  • 素材:ハイグレード・ナイロン
  • 比重:1.14
  • MADE IN JAPAN
EAN: N/A 商品コード: 該当なし カテゴリー: ,

説明

仕様

号数 2号 4号
直径(mm) 0.235mm 0.330mm
直径(インチ) 0.009” 0.013”

使い方:ウェットフライの場合

本流・止水・ソルトのウェットの釣りの場合、フライラインから3フィートほどにこのインジケーターリーダーを入れておくと微妙なアタリを取りやすくなります。

使い方:ユーロニンフの場合

ユーロニンフィングにおけるフライラインとティペットの間でインジケーターリーダーとして使用します。

ビジブルトマトとティペットを15cmくらい交差させてダブルエイトノットで結束します。
ビジブルトマト側の余った「ヒゲ」を残しておいてインジケーターとして利用します。
この際、ハーフヒッチで上側へ留めておくと90度の角度で突き出すので見やすくなります。

止水におけるターンオーバー性能を向上させる場合は、4号をコントロールバット、2号をリーダーとして結束することでテーパー性能を発揮できます。

釣り方

ショートライン・ニンフィングの場合:

ロッドティップからフライラインを出さず余計なフライラインが出ないようにフライリールのドラグを閉めておきます。狙う場所の真横に立って、45度上流へジグニンフを円を描く動作のフリップキャストで振り込んでから、レンジを決めてラインテンションを維持したままロッドティップを下流側へリードして流して行きます。

ロングライン・ニンフィングの場合:

狙う場所が流れをまたいだ遠い場所だったり、強い流れの中で十分に沈めるために45度よりもさらに上流へフライを入れる必要がある時、あらかじめリーダー全てとフライラインの一部を引き出しておいて、大きく円を描くロブキャスト(タックキャストとも呼ぶ)を使って狙った方向へシュートして釣ります。

フライラインまでロッドティップから長く出す(=ロングライン)ので、ラインハンドでシステム全長をコントロールしながらテンションを維持したプレゼンテーションをしていきます。

緩くテンションを保ったまま底へ沈めたジグニンフを竿先でリードしていくドリフトが基本ですが、中層でフライを気づかせたい時や川底の変化へ対応するために、流れと異なる速度へ加速・減速させて流し方をコントロールします。この時ロッドハンドを水面より高く掲げることから「ハイ・スティック」とも呼ばれます。

止水の場合:

東京フライフィッシング&カントリークラブのこちらの記事を参照ください。

https://tokyoflyfishing.com/ja/solutions-ja/tacklegames-stillwater-euronymphing-ja/

追加情報

号数

2号, 4号

こちらもおすすめ…