blog

前回レポートしたOutwell スマートエアテント。グランピング・外おうちに必須な、従来型のロッジテント・大型テントの短所をクリアーするだけでなく、そこで生まれた余裕を「スペースの拡張性」や「インテリアの充実」に活かしています。快適に過ごすのに充分すぎる広さを持ちつつも、日本のキャンプ場の規格でも柔軟に対応して設営できて、オプション品を活用することで、大きくも使えるので、非常につぶしの効くテント。今回はテクニカルコットン素材を使ったスマートエアテント「Concorde | コンコード5SATC」の設営レポートです。 はじめに ポリエステルなどの化学繊維を使ったテントの利点は、布の高い強度をより軽量で細い糸で作れるため、その軽量さと手入れのし易さにあります。対してコットン素材のテントの利点は、コットンならではの透湿性と繊維の間に空気を含むため、「暑い時に中は外より涼しく、寒い時に中は外より暖かい」調温機能を備えています。寒さはストーブやホットカーペットなどの暖房器具を使うことでいくらでもカバーできますが、蒸し暑い季節に関してはコットンは非常に優れています。また、紫外線による布へのダメージも化学繊維よりも強いなど優れた点を持っています。 しかし、コットンならではの幾つかの難点があります。 テント幕の重量において化学繊維とコットンを比較すると、コットンは約30%ほど重量が重たくなる コットンは吸水性が高く、水を吸った後に乾きづらい、これが撤収しづらさとカビの生えやすさになる フレームに対する負荷が大きく、従来型のスチールフレームでは、ポールだけで相当な重量を覚悟する必要があり、大人一人ではなかなか設営できない上、風が吹いている時はさらに難易度が上がってしまう まず、一番最後の「重たいスチールフレーム」「風への対処」に関しては、風に強い地域で使われることを想定して形状がデザインされているアウトウェルのスマートエアテントは、空気を入れて立ち上げるだけのエアチューブをフレームに使うことで、すでに課題をクリアーしています。 コットンの重たさに関しては、アウトウェルでは「Outtex® Airtech | アウトウェル エアテック」という独自開発のテクニカルコットン(TC)方式を採用。コットン65%、ポリエステル35%の混合繊維を使うことで、テント幕の重量を同サイズのコットンテントの約半分まで計量化することに成功しています。また、コットンよりも乾きやすいのでカビづらく、コットンの透湿性と調温性も備えています。 準備 展示用サンプルのスマートエアテント、コンコード5SATCが届いたのが、蒸し暑い季節となる6月。業務の忙しさに追われて、最も暑い7月に初めて設営することになりました。アジア地域におけるキャンプのリサーチを反映して投入されたこのモデル。ヨーロッパの感覚では「トロピカル仕様」となっていますが、それは同時に古き良き時代のコットンテントのイメージも大事にしているということ。配色のベージュとモノトーンで体現しています。 出発前に撮った上の写真の一番右のキャリングバッグに収納されているのが、コンコード5SATCです。トムキャット5SATCよりも前に投入されたモデルなので、スーツケース型のキャリアではありません。従って、何かしらのカートを使う必要があります。 キャンプ場について車から降ろして一式を取り出します。「テント本体」にはインナーテントがセット済みで、さらに「脱着式オーニング」、「玄関マット」、「ペグ一式」が入っています。「ポール」はオーニングと玄関で使う最小限のものと、暑い日の通気性を良くするために、ドアの跳ね上げに使う、オプションポールが付いています。面倒なフレーム用ポールの「集団」は一切無いので、組み立ての煩わしさはありません。 そして当然・・・ エアチューブ・フレームのテントなのでエアポンプです。 しかし、ただのエアポンプではないところが、アウトウェルの偉いところ。押しても引いてもエアが出る「ダブルアクション」で、しかも空気圧が高すぎてチューブにダメージを与えないように空気圧ゲージもついています。 このゲージで7psi (0.5気圧)までエアを注入することになっています。ゲージのバルブが緩んでいると正確な数値が狂うので、自分の手でチューブを触って、パンパンに張っていれば実用に問題はありません。 テントの位置がずれないように、4隅のコーナーをペグダウンします。骨組みが無くてもエアチューブ・フレームで自立するので、風が気にならない時はこの作業をしなくても立ち上がりますが、断然作業がしやすくなります。 テントの立ち上げ アウトウェルのスマートエアテントでは、「アドバンスド・エアチューブ・システム」が採用されています。これはすべてのエアチューブ・フレームとエアチューブ・ビーム(梁)が連結されていて、一カ所のバルブからのエア注入で、全体を一気に立ち上げられるというとても楽な仕様です。 さらに屋内の連結部分のバルブを閉じることで、一カ所だけがエア漏れしても全体へ影響しないようにすることもできます。 コンコード5SAには3つのエアチューブ・フレームがあるので、一番はじめに3つある「Air Out」のバルブを、3つとも「Open」から「Close」の位置に回して、エア抜きバルブを閉めます。 これでエア注入準備OKです。続けて「Air In」と書かれた場所にある、エア注入口のバルブのキャップを外してエアポンプのノズルを差し込み、エア注入を始めます。エア注入口は一方通行なので、手を休めてもエアが逃げてしまう心配はありません。 あとはひたすらポンピング。暑い季節の平地では、空気の膨張率が高いので、このサイズのテントで50回前後のポンピングで注入が終わります。「シュー」というエアが入っていく音がはっきりとする上、バルブ近くのエアチューブがムクムクと立ち上がってくれるので、「さあ膨らむぞ!」という手ごたえがあります。 この作業も楽されたい方は、電動ポンプを使えば、完全に手間いらずですが、ダブルアクションポンプで入れた方が早いのでオススメ。エアで立ち上がる最中にチューブが曲がっていたりする時は、少し幕体を引っ張ってエアを均等に通りやすくしてあげます。 この時は、一人だけだったのと、トムキャット5SATCよりも若干小さいサイズのチューブなので、集中してあっという間にエア注入が終わってしまいました。エア注入は5分かからずに終わり。さっさと次の作業に移れます。 一度設営すると、手で触った弾力で十分に入っているかが分かるようになります。日本人の繊細な感覚ならば、ゲージに頼らずこちらの方がいいかもしれません。 日差しが強い日だったので、日陰を作るためにさっさと脱着式オーニングをジッパーに合わせて取り付けます。一度取り付けると、仕舞う時は外さなくても大丈夫です。 オーニングを立てるためのU字型のポールをセットします。2本の足の間を狭めながら黒いスリングをポールの足元に装着します。 蛍光イエローのスリングをペグダウンしてオーニングを立てます。これで暑い日でも休みながらテント外での作業が可能に。 玄関ポールをセットして、周囲の必要な個所をペグダウンします。風対策のペグロープは蛍光イエローに配色されていて、暗い時間でもユーザーだけでなく歩行者にも見えやすくなっています。また、各種ペグはカラー分けされていて、非常に分かりやすくなっています。家族や仲間に手伝ってもらう時には「黒いペグは黒、黄色ペグは黄色」ってお願いすればいいだけなので、非常に分かりやすいです。玄関はメッシュドアが付いているので、メッシュにします。 雨混じりの蒸し暑い日だったので、室内へ雨が入らないように通気性を良くするために、オプションポールを使い玄関の対角線にある大窓を、巻き上げずに跳ねあげます。これでメッシュ→メッシュの風の通り道が出来ました。これで入居OK。 インテリアに移る前に、専用カーペットをリビングルームへセットします。 テントのインテリア コンコード5SATCには、玄関、リビングルーム、2つのベッドルーム、そして開放式のオーニングがついています。「メッシュハウス」と呼ばれる3方全てがメッシュにできる仕様で、玄関および対角線にある大窓にはメッシュドア、フロント部分には大きなメッシュスクリーンが取り付けられています。さらにベッドルーム側にはメッシュベントが設けてあり、通気性を非常に良くしています。テントへの出入りは雨の日にも3ヶ所全てから行うことができます。 フロントをメッシュスクリーンにして、インテリア作業を進めます。 メインの出入り口となる玄関には、付属のフットプリントを付けることで、外の影響を受けない空間として使うことも、土間として使うこともできます。さらにメッシュバスケットが付いていて、部屋の中で使わないものを収納してから中へ出入りすることができます。 リビングルームはアウトウェルならではのパノラマルーム仕様。この日は撮影だったのでカーテン全開で、内装もセットしてリビング・ダイニングとして使いました。大人4人用のダイニングスペースとキッチンが収まる充分な広さです。 インナーテントで作られた、2つあるベッドルームの奥行は215cmと広く、180cm幅と140cm幅の2つのベッドルームはジッパーを開ければ連結して使えます。2つの別々のベッドルームとして使い分けたり・・・ 一つのベッドルームにして、衣装ケースとイスを配置して、その広さを快適な空間作りに活用できます。 「外おうち」ならではの、着替えやすいクローゼットスペースなども作れます。 脱着式オーニングはフルに引き延ばすと奥行150cmの屋根付きの空間が作れます。リビングルームへの日差しを減らしたり、キッチンスペースやリラックススペースとして活用できます。5m x 5mの区画サイトにきっちり収める場合は、オーニングを縮めたり、取り外したりしておいて対応できます。 また、リビングルームとオーニングの間はドアで行き来できるので、一軒家でいえばテラス、マンションで言えばバルコニーの感覚で使い分けることができます。ちなみに玄関とリビングのすべての窓はジップアップカーテンが取り付けられており、完全に視界を遮ることでプライバシーを確保したり、窓からの放熱を最小限にして、寒い季節に対応できます。 窓はティント加工されているので、サングラスのように中を隠し、視線を気にすることなくくつろぐことができます。この日は私一人で設営と撮影だったので、ここで一息・・・フゥ・・・。 コンコード5SATCの外観。あれだけのスペースが中にあるのに、強風対策のためにエアロダイナミクスを考えてデザインされた外観は、意外と小さく見えます。このため、キャンプ場で妙に存在を主張しすぎることなく、品よく「外おうち」として立てることができます。 テントの拡張 ゲストの数が増える場合は、別売りオプションのパノラマオーニングを使うことで、全体の大きさを拡張することができます。これももちろん、エアチューブ式。パノラマオーニングへ家具を移して、空いたリビングルームをベッドルームとして利用することで、もう1家族が泊まることができます。 パノラマオーニングにも、専用のフットプリントが付属していますので、外の影響を受けない空間として使うこともできます。 まとめ 今回は、スマートエアテントの最高峰にあるスマートエア・テクニカルコットンシリーズのコンコード5SATCをご覧頂きました。トムキャット5SAと同じく、従来型のロッジテント・大型テントの短所をクリアーするだけでなく、そこで生まれた余裕を「スペースの拡張性」や「インテリアの充実」に活かしています。4人家族が快適に過ごすのに充分すぎる広さを持ちつつも、日本のキャンプ場のサイト面積でも柔軟に対応して設営できるので使い勝手も抜群です。 そして何より大型テントにも関わらず、一人で簡単に設営できる手軽さと暑い季節でも快適に過ごせるテクニカルコットン。スタンダードのスマートエアテントと比べると、やや上級者向けですが、その分、長い時間をテントでゆっくり過ごす際には他には変えられない快適さがあります。他のスチールフレームのコットンテントと比べると、設営し易さから、キャンプ頻度も高くなること間違いなし。 「外おうち」に完璧を求める方へは、強くおススメするモデルです。 Brand Shop 限定価格 [product id="19652"]...

大きいテントの広々とした空間の中で、都会で暮らすように楽しく快適な「食う寝る遊ぶ」時間を過ごす。それが「グランピング」と呼ばれるテントを活用したリゾートの原点にありますが、これを人任せにせず、自分の手で手軽にやることができないか、そうすればその素晴らしさをもっと広めることができるんじゃないだろうか。その想いからアウトウェルというブランドと関わり始めてから3年以上経過して、やっと「スマートエアテント」という形が現実と成りました。空気を入れるだけで大きく快適なテント空間をフィールドに作り出す。まるで、漫画やSFの世界の出来事ですが、それ以前の既存のロッジテント・大型テントを自らが何回も設置してきた気づいた点が幾つかありました。 テント幕だけでかなりの重量になるのに、スチール製のフレームは非常に重たくて運搬スペースも必要になる 一人で重たいスチールフレームを組み立てることは難しく、大人二人でテントを立ち上げるだけで最低でも30分以上は時間がかかる 室内の空間がイマイチ狭いものが多い中、最も快適な天井高が高いテントだと、さらに時間がかかる 風が吹いていると、もっと時間がかかる これを一人で行う場合、コツをつかんだ人間でもポール作業だけで設営・撤収どちらも確実に60分近くかかる そもそもテント本体とタープを別々に立てることは、パーツが多くて手間が大きい   これをより楽にするには、グラスファイバー製のポールを使ったテントしかないだろうなぁ、でも耐久性が心配だ・・・と悩んでいたら、2015年の秋ごろに、アウトウェル社からメールが入り、「驚くかもしれないけど、主要なラインナップはすべてエアチューブを使ったフレームに変えることに決めたよ」と連絡があったので、実際どれだけのものなのか、半信半疑の状態でわくわくすること数カ月。情熱的なトークを重ねた結果、今年から自分の会社で取り扱うことになりました。 そして展示用サンプルとして購入した、「スマートエア」テントの「トムキャット5SA」とオプション一式が届いたのが3月。ヨーロッパのテント雑誌では、一番評価の高いこのシリーズを選んだ理由は、北欧らしいブルーとイエローのコントラストが映えるスマートなデザインです。では気合を入れてレポートしたいと思います。 準備 まずは車輪のついたスーツケース型のキャリングケースを邪魔にならない位置へ移動してから、一式を取り出します。「テント本体」にはインナーテントとオーニングがセット済みで、「ポール」は、オーニングと玄関用のみ。後は「ペグ」と「アウトウェル玄関マット」と「玄関専用フットプリント」が入っています。そして当然ですがフレーム用の重たいポールなんて一切なくて、代わりに入っていたのがこちら・・・ エアチューブ・フレームのテントなので当たり前ですが、エアポンプです。 しかし、ただのエアポンプではないところが、アウトウェルの偉いところ。押しても引いてもエアが出る「ダブルアクション」で、しかも空気圧が高すぎてチューブにダメージを与えないように空気圧ゲージもついています。 このゲージで7psi (0.5気圧)までエアを注入することになっています。ゲージのバルブが緩んでいると正確な数値が狂うので、自分の手でチューブを触って、パンパンに張っていれば実用に問題はありません。 テントの位置がずれないように、4隅のコーナーをペグダウンします。骨組みが無くてもエアチューブ・フレームで自立するので、この作業をしなくても立ち上がりますが、作業がしやすくなります。 テントの立ち上げ アウトウェルのスマートエアテントでは、「アドバンスド・エアチューブ・システム」が採用されています。これはすべてのエアチューブ・フレームとエアチューブ・ビーム(梁)が連結されていて、一カ所のバルブからのエア注入で、全体を一気に立ち上げられるという仕様です。 さらに屋内の連結部分のバルブを閉じることで、一カ所だけがエア漏れしても全体へ影響しないようにすることもできます。 トムキャット5SAには3つのエアチューブ・フレームがあるので、一番はじめに3つある「Air Out」のバルブを、3つとも「Open」から「Close」の位置に回して、エア抜きバルブを閉めます。 これでエア注入準備OKです。続けて「Air In」と書かれた場所にある、エア注入口のバルブから注入作業を始めます。 キャップを回して外し、弁がついたエア注入口を開きます。 エアポンプのノズルを差し込みます。 あとはひたすらポンピング。このサイズのテントだと、80回前後のポンピングで注入が終わります。「シュー」というエアが入っていく音がはっきりとする上、バルブ近くのエアチューブがムクムクと立ち上がってくれるので、「さあ膨らむぞ!」という手ごたえがあります。 この作業も楽されたい方は、電動ポンプを使えば、完全に手間いらずです。ただ、気圧確認は大事なのでそこだけは手作業がいいです。エアで立ち上がる最中にチューブが曲がっていたりする時は、少し幕体を引っ張ってエアを均等に通りやすくしてあげます。 この時は、見学していた仲間と一緒でしたが、おしゃべりしていたらあっという間にエア注入が終わってしまいました。エア注入が5分弱、ここまでの作業も10分かかっていません。 周囲の必要な個所をペグダウンします。風対策のペグロープは蛍光イエローに配色されていて、暗い時間でもユーザーだけでなく歩行者にも見えやすくなっています。また、各種ペグはカラー分けされていて、仲間に手伝ってもらう時に「黄色いペグは黄色いロープに」「黒いペグはテント本体の黒いループ」に、と指示しやすいのも特長です。 玄関と開放式オーニングのポールだけセットしておしまい。もうこれで入居OKです。一人で作業しても追加で5-10分で終わります。 テントのインテリア トムキャット5SAには、玄関、リビングルーム、2つのベッドルーム、そして開放式のオーニングがついています。玄関と対角線にある大窓にはメッシュドアが装備されていて風抜けを良くするとともに、ベッドルーム周囲にはメッシュベントが7カ所もあり、通気性を良くしています。テントへの出入りは玄関とフロントのDドアおよび大窓からできますが、玄関とフロントには屋根があるので、雨に濡れずに出入りすることができるのが大きな利点です。 メインの出入り口となる玄関は、幅140cm、奥行115cm。巻き上げ式の外ドアと、メッシュ付きのDドアですので、雨の日でも、雨が入り込むことなく、通気性を確保することができます。付属のフットプリントを付けることで、外の影響を受けない空間として使うことも、土間として使うこともできます。 リビングルームはアウトウェルならではのパノラマルーム仕様。この日は撮影だったのでカーペットを敷いて、カーテン全開で、内装もセットしてリビング・ダイニングとして使いました。大人4人用のダイニングスペースとキッチンが収まる充分な広さです。フロント部分はDドアになっており、オーニングスペースと行き来できるので、こちらをメインの出入り口として使うこともできます。 インナーテントで作られた、2つあるベッドルームの奥行は250cmもあり、180cm幅と140cm幅の2つのベッドルームはジッパーを開ければ連結して使えます。この日は、大きい方のベッドルームを個室風にして、衣装ケースとベッド、イスを配置してあります。それでもスペースが余っていますので、広さがお分かりいただけると思います。もうひとつのベッドルームは荷物室でつかっていたので、今回は割愛します。 開放式オーニングは取り外すこともでき、フルに引き延ばすと奥行150cmの屋根付きの空間が作れます。リビングルームへの日差しを減らしたり、キッチンスペースやリラックススペースとして活用できます。 5m x 5mの区画サイトにきっちり収める場合は、オーニングを縮めたり、取り外したりしておいて、はみ出しても良い場合は、オーニングを引き延ばすという使い分けができます。 リビングルームとオーニングの間はドアで行き来できるので、一軒家でいえばテラス、マンションで言えばバルコニーの感覚で使い分けることができます。ちなみに玄関、リビング、ベッドルーム、すべての窓はカーテンが取り付けられており、完全に視界を遮ることでプライバシーを確保したり、窓からの放熱を最小限にして、寒い季節に対応できます。 テントの拡張 ゲストの数が増える場合は、別売りオプションのパノラマオーニングを使うことで、全体の大きさを拡張することができます。これももちろん、エアチューブ式。 パノラマオーニングへ家具を移して、空いたリビングルームをベッドルームとして利用することで、もう1家族が泊まることができます。 パノラマオーニングにも、専用のフットプリントが付属していますので、外の影響を受けない空間として使うこともできます。 おまけ(2016/9/29追記) インナーテントをクリーニングするために取り外したところ。シェルとして活用する場合、490x320cmのスペースが作れるので、ポップアップショップやイベントにも便利です。 まとめ 2016年から展開したスマートエアシリーズですが、従来型のロッジテント・大型テントの短所をクリアーするだけでなく、そこで生まれた余裕を「スペースの拡張性」や「インテリアの充実」に活かしています。トムキャット5SAに限定していえば、4人家族が快適に過ごすのに充分すぎる広さを持ちつつも、日本のキャンプ場の規格でも柔軟に対応して設営できて、オプション品を活用することで、大きくも使えるので、非常につぶしの効くテントだと思います。 そして何より大型テントにも関わらず、一人で簡単に設営できる手軽さ。車に積んでおけば、キャンプ場からキャンプ場へのツーリングテントとしても使えます。ハイクオリティ、ハイスペックで広い居住空間。長年、いろいろなロッジテントを体験してきた私が自信をもっておススメできます。 ちなみにご興味がれば、家族と実際にキャンプしてみた時のレポートをこちらへ掲載していますので、ご参照ください。 https://glampingtokyo.wordpress.com/2016/06/27/fishingcamp_tomcat5sa/...

アイデア: パーティーを演出するイルミネーション、キャンドルライト、スタイリッシュなギフト 1981年6月にAIDSウイルスが発見されたことにちなみ、全世界で6月は「HIV/AIDS対策月間」になっています。 そして、U2のリードボーカル、Bonoさんの掛け声により、アフリカにおけるAIDS、結核、マラリア被害を終息させるための活動して始まった「プロダクト (RED)」。アメリカでは、製品だけでなく、外食産業が参加できる、「eat (RED)」という活動がはじまりました。 https://www.youtube.com/watch?v=tgZ2xQYrvX8 (2015年度のプロモーションビデオ) 「赤」をテーマにシェフと美味しいもの好きが集まり、期間中に参加したレストラン、バー、ラウンジなどからの収益の一部からなる寄付金を集めて、(RED)が手数料0%で直接アフリカの支援活動団体へ送っています。 ニューヨークで現在開催されている今年の第一回ラウンドに、enevu CUBEがキャンドルライト&景品で使われました。 ディナーのホストは、「シェフの災難」や「キッチン・コンフィデンシャル」などの著書を書き、様々なテレビ番組でフード・アンバサダーで活躍しているシェフ、アンソニー・ボーディンさん。また、向かいに座れていた「ハフィントン・ポスト」の創設者のアリアナ・ハフィントンさんを筆頭に、NYきっての著名な方たちを前に、CUBEもひたむきにお仕事していました。 ディナーイベントのあとは、お土産として来場者の方たちへプレゼント。残念ながら「赤」は間に合いませんでしたので、ノーマルカラーですが、ひょっとすると・・・?   [button size='' style='' text='戻る' icon='' icon_color='' link='../enevu-inspiration' target='_self' color='' hover_color='' border_color='' hover_border_color='' background_color='' hover_background_color='' font_style='' font_weight='' text_align='' margin='']...

アイデア: ルームライト、スポットライト、キャンドルライト 日常を電気の明かりに囲まれて過ごす現代人にとって、アウトドアやフィールドスポーツにおける最大の不便さの一つは、外が暗くなった時の照明です。ことにキャンプともなると、ただ野外で何かをしている時の明かりが必要なだけでなく、キャンプ「生活」におけるあらゆる行動で照明が必要になってきます。これを私個人の長年のキャンプ経験から整理すると、キャンプの明かりには大きく分けて「ルームライト」、「スポットライト」、「ムードライト/常夜灯」の3つの役割が求められます。   「人が増えたら明かりも増やす」という前提において、小さいボディに高機能を詰め込んだenevu CUBE<エネヴューキューブ>。 下記は実際のフィールドにおいて、5人用テントという大きいスペースにおいて、CUBEを1個もしくは2個を使いまわすだけで、どれだけ照明が提供できるかをテストした時のお話しです。     1.ルームライト・・・集合としての光   テーブル全体を使った食事や、みんなが集まる場所には、部屋全体が明るく見えているためのルームライトが必要です。ただ、続けて点灯しているセッション時間はあまり長くなく、30-60分程度、強い光が必要な時間はその半分も見ておけば大丈夫です。ライトの位置は重要で、高い位置に最低一つ強い光源があり、その反対側に光源がもう一つあることが条件になります。 CUBEに置き換えると、高い位置に1つ吊り下げて必要に応じて「強」または「普通」に設定し、テーブルの上にもう1つを「普通」モードで置いておけば十分な光量が得られます。 2.スポットライト・・・個を照らす光   本を読んだり、書き物をしたり、調理をする場所では、必要に応じて作業に必要な光を得る必要があります。 CUBEに置き換えると、高い位置に吊っておき、「通常」モードで使いながら、細かい作業に必要な時だけ「強」モードに切り替えて必要な照明を得る使い方が効率的です。 3.ムードライト/常夜灯     夜中に目が覚めた時、全くの暗闇では非常に不便です。また、周囲が暗闇の状態では、テントの位置を示す光源があると便利です。そんな時は、メインで使っていないCUBEがあれば、それを「弱」状態にしておいてベッドサイドに置いておいたり、IPX4防水機能を活かして、テントの出入り口部分に置いておくと、常夜灯としてだけでなく、外へ行く人の懐中電灯の代わりにもなるので便利です。   4.吊り下げる時に便利な方法   一つのCUBEを吊り下げる環境で使う場合は、フックと組み合わせると便利です。一番使い易いのは「Sフック」。デフューザーを外せば62gの本体ですから、充分な吊り下げスペックです。もちろん、ランタンをつるす時に良く使われる「カラビナ」でも便利に使えます。キャンピングカーで使われている方では、ベルクロで固定されている方もいます。   まとめ   CUBEの利点である「小型軽量・IPX4防水なので置き場所を選ばない」、「3段階に調整できるホワイトライト」「個としても集合としても使える光源」を活用すると、今までのランタンとは比べものにならないコンパクトな空間で便利な灯りを使うことが可能です。eneloopなどの充電式単4電池も使えますので、繰り返し使う際に便利である点と、かつ環境にも配慮できる点を考えると、おススメです。 今回のレポートでは、「Outwell Tenesse 5」という5人用の大型テント(パノラマルームx1、リビングルームx1、ベッドルームx2)で使ってみましたが、通常サイズのテントであればさらにに使い勝手が良いランタンだと思います。また、同じ方法が、キャンピングカーやレジャーボートのキャビン内、バックパック旅行やバルコニーでも活用できますので、ぜひお試しください。 おまけ   キャンプにおける照明は「実用」が優先されますが、CUBEは「イルミネーション」という、遊びもいろいろとできます。みんなが集まるテーブルを幻想的に照らしたり(光を拡散するアクリルグラスを使っています)。 ただギターを弾くだけの時間が、ライティングによって特設ステージになりました。 いろいろな使い方ができると思いますので、詳細はホームページの「インスピレーション」のセクションをご覧ください。   [button size='' style='' text='戻る' icon='' icon_color='' link='../enevu-inspiration' target='_self' color='' hover_color='' border_color='' hover_border_color='' background_color='' hover_background_color='' font_style='' font_weight='' text_align='' margin='']...

アイデア: 写真撮影のアクセントライト、寝台車の身の回りライト、ベッドライト、旅の行燈 人々を素早く大量に輸送できる新幹線が南は九州、北は北海道まで伸びた今、「ブルートレイン」と呼ばれる夜行の寝台急行たちは活躍の場所を失い、ついに今年3月に最後のブルートレイン「急行はまなす」がその役割を終えて姿を消すことになります。今回は、10歳にして「鉄」の息子が、「どうしても引退前に乗りたい」と強く希望したのでプランした旅行ですが、私も幼いころはブルートレインで東京から八戸まで寝ていったり、修学旅行で博多から東京まで寝て帰ってきた懐かしい記憶を持っています。そんな二人とenevu キューブの3人組が行く、出発から帰宅まで24時間の旅でした。 渋谷駅→羽田空港→新千歳空港→JR札幌駅 金曜日の夜10時発の「急行はまなす」に乗り込むために、羽田発4時半のフライトに合わせて、自宅を2時半に出発してリムジンバスに乗り込んだ二人組。JAL、快速エアポートと乗り継ぎ、JR札幌駅までひたすら移動です。 札幌駅に到着した夜7時過ぎ頃、駅前は上質の粉雪に包まれていました。夕食をとるまえに、息子と雪遊びをしながら、彼がenevu CUBEで面白い事を思いついたのでカメラを用意します。 どこかの観光客かカップルが残していったのでしょう。小粋なミニ雪だるまを旅路をともにするわれら仲間たちに見立てて、一枚撮ります。 JR札幌駅→JR青森駅 食事を終えてから、ドキドキする気持ちを抑えきれずに、寒さの中ホームで待っていると、午後10時出発の「急行はまなす」が定刻通り入ってきました。 いよいよ、乗り込む「ラストブルートレイン」、長年働いてきた車両は、ところどころ傷だらけとなり、塗り重ねられてきた青い塗料が歴史を感じさせます。そんな感慨に浸る間も無く、自らを「車両鉄」と呼ぶ息子に付き合い、最後尾の車両から、最前列の車両まで中をしっかり観察していきます。 写真で見るとアッという間ですが、実は編成車両の一番後ろから一番前まで、全車両のディテールまで細かくチェックしながら、2往復もして息切れしています・・・。こちらが今夜の「素泊まり宿」となる、「B寝台」。一か月前の発売日にみどりの窓口に朝いちばんに並び、それでも危うく取り損ねたいわくの座席です。 客車と同じく青く塗られたDD51ディーゼル機関車は、雪の中を、静かに力強く、列車を引っ張りズンズンと進んでいきます。なんと働き者なんでしょう。 「さあ、じっくりとブルートレインに関する思い出でも息子と語ろう」と、楽しみに寝台に戻ってきたところ想定外の事態が発生。 息子は、「小学生鉄は、大人鉄や駅鉄じゃないから、早く寝させていただきます」と言い放ち、そのまますぐに寝てしまいました・・・。 独り残された私は、相棒のCUBEと一緒に車窓の旅へ・・・。デザイナーのロレンツォが障子をイメージしただけあって、デフューザーが日本の慕情に合った、良い雰囲気を演出してくれます。 そして眠くなったので、そのまま枕元のベッドライトへ。今回のような、スペースに全く余裕の無い鉄道の旅行で使ってみてわかりましたが、このライトの使い方は、江戸時代の「行燈」に近いかもしれません。そのうち我が家の家紋をいれてみようかしら。 翌朝の6時過ぎ、列車は青森駅に到着。また一日、引退の日が近づいていきます。 途中でバトンタッチした電気機関車のED79もお疲れさま。もう少し頑張ってね。 より遠くへより速く、大量に乗客を運ぶ。鉄道が抱える宿命はそれぞれの時代で名列車を誕生させ、そして鉄道技術の進歩は一つの時代を終わらせて先へ先へ進んでいきます。ブルートレインに置き換わる新幹線も、いつかはリニア新幹線に置き換わる日が来るのでしょう。息子も大人になって自分の家庭を持った時、自分の子に「昔は、列車の中で寝て移動していたんだよ?」なんて語るのでしょうか。古き良きものは消えていきますが、きっと語り継がれた心の中にブルートレインは走り続けます。   [button size='' style='' text='戻る' icon='' icon_color='' link='../enevu-inspiration' target='_self' color='' hover_color='' border_color='' hover_border_color='' background_color='' hover_background_color='' font_style='' font_weight='' text_align='' margin='']...