ナノシルクについて

製品について

購入について

Q. ボビンホルダーへの取り付け方について教えてください

センパーフライのスプールに付いているラベルは、スレッドの端が取り出しやすいようにしてあります。
まずスプールを上にした状態で用意します。

ラベルをそっと取り外し、スプールの端のスレッドを引き出します。
ラベルはまた戻すので、接着面にゴミなどがつかないように気をつけてください。
スレッドを引き出したら、ラベルを元に戻してください。

ラベル中央のスプールの穴の部分に、タイングシザースなど先の尖ったもので穴を開けます。

ボビンホルダーにセットして、スレッドをホルダー先のパイプから引き出せば準備完了です。

Q. フライフックへの巻きつけ方について教えてください

スレッドホルダーの先から反対の手でしっかりと持ちやすい長さ(5cm程度)を引き出し、フライフックへかけてください。

スレッドのテンションを緩めないまま、スレッドホルダーでフックにかけた部分に重なるように5回巻きつけてください。

左手のスレッドをフックの軸へ近づけて、そこを巻き込むようにさらに5回巻きつけます。
これで巻きつけたスレッドの摩擦で抜けづらくなります。フックのセンター部分からタイングする場合は、ここから巻き始められます。。

下巻きが必要な場合、もう少し確実に巻きつけたい、テール部分からタイングする場合は、スレッドをさらに巻きつけます。

最後に余ったスレッドをタイングシザースで切り取ります。
GSPスレッドには、刃の先がタングステン加工されているシザースがオススメです。

 

Q. ナノシルクはどのボビンホルダーで使えますか?

品質の高い独自のGSP繊維を使っていますので、滑りが良く、どのボビンホルダーでもお使いいただけます。
18/0や12/0などを使い、比較的小さめのドライフライやミッジをタイングされる際は、ホルダーの先が細くテンションをかけやすいボビンホルダーの方が使いやすいです。

Q. ナノシルクは滑り止めにワックスを使わないとならないのでしょうか?

ナノシルクは撚りの入っていないフラットな繊維ですので、テンションをかけて巻けば繊維同士が噛み合って滑ることはあまりありません。スレッドの量を少しでも節約したい場合は、巻きつける際に瞬間接着剤をお使いになることをお勧めします。

 

ドライフライなどタイトなボディを作るためのダビング材を巻きつける際は、ダビング材の巻きつきを良くするために、他のスレッドと同様にワックスをお使いになるとダビング材の繊維のまとまりが良くなって作業がしやすいです。

Q. センパーフライ製品はどちらの販売店で購入できますか?

ナノシルク及びタイングツール類に関しては、テストマーケティングのため、アーバンアイランダーのオンラインショップ「The Brand Shop」より限定販売しております。一部のタイングマテリアルに関しては、「ドリームフィッシュ」にて販売を行っていますのでお確かめください。。

Q. ホームページに掲載されている以外のセンパーフライ製品も国内販売しますか?

センパーフライはナノシルクやニンフのボディ材以外にも様々な製品を展開しています。今後、順次国内へも展開していく予定ですので、こちらのホームページをご確認ください。

Q. Tiemco社から販売されている「カスケード」と書かれたナノシルクと同じ製品ですか?

2016年7月以前に輸入されたナノシルクは、Tiemco社により米国カスケード社を経由して輸入されたものとなります。
製造は以前より英国センパーフライ社が行っていますので、同じ製品ですがパッケージの仕様が異なりますのでご留意ください。