商品名
NEW
attachment-https://urbanislander.co.jp/wp-content/uploads/2021/11/vise-travel-shuttle-cottarelli-100x107.jpegattachment-https://urbanislander.co.jp/wp-content/uploads/2021/09/pliers-shuttle-for-vises-cottarelli_4-100x107.jpegattachment-https://urbanislander.co.jp/wp-content/uploads/2021/11/DSC4482-100x107.jpgattachment-https://urbanislander.co.jp/wp-content/uploads/2021/11/DSC4484-100x107.jpgattachment-https://urbanislander.co.jp/wp-content/uploads/2021/11/vise-travel-shuttle-cottarelli_2-100x107.jpegattachment-https://urbanislander.co.jp/wp-content/uploads/2021/09/crank-handle-for-cottarelli-vises-1-100x107.jpegattachment-https://urbanislander.co.jp/wp-content/uploads/2021/09/support-jolly-for-travel-deluxe-cottarelli-vises_3-100x107.jpegattachment-https://urbanislander.co.jp/wp-content/uploads/2021/09/DSC4505-100x107.jpg

Cottarelli | コッタレッリ – トラベルシャトルREGOバイス・限定スペシャルセット

¥70,400

#18から#2くらいまでのフックサイズを素早くつかんでリリースできる手返しの良さが心地いいシャトルREGOヘッド搭載のトラベルバイス。
デスクスペースに余裕があって、手返しよく数巻きをしたい方や新しいパターンのアレンジを試したい時に便利なヘッドです。
トラベルバイスは置き場所を選ばず、コンパクトに折り畳め持ち運びが楽なので、定位置にタイングベンチを持たないタイヤーにオススメです。

ただいまアーバンアイランダー限定スペシャルで「クランクハンドル」(単体価格6,400円)と「背景プレート&ボビンハンガーツール」(単体価格9,000円)が付いてきます!

バイス構成:

  • トラベルバイス
  • シャトルREGOヘッド

付属品:

  • クランクハンドル
  • 背景プレート&ボビンハンガーツール
  • アレンレンチ
  • ハードケース
EAN: N/A

トラベルバイスを安定させて使うために

トラベルバイスのベースは3本足のトライポッドで構成されています。重量バランスおよびツール装着をしやすくするために:

  • 一番長い脚をバイス後方へ、バイスヘッドと平行になるように展開
  • 中間の長さをバイス前方手前側、短い脚をバイス前方奥側へ展開
  • 上から見て均等に開いている状態が最もバランスが良くなります

装着するバイスヘッドやツールによってバランスが変わってきますので、可動部分を調整して使いやすいバランスを見つけてください。

トラベルバイスへのツールの装着について

トラベルバイスのメインシャフトの最下部には、ツールのワイヤーシャフトを挿して、アレンレンチで締め込んで固定するための穴が開けられています。
トラベルバイス専用ツールをお使いの場合はこちらへ装着してください。

クランクハンドルのバイス本体への取り付け方法

  1. クランクハンドルの軸のナットの六角穴へ、アレンレンチを差し込み緩めます
  2. ハンドルが外れない程度に緩めたら、バイスの回転ノブの奥へ差し込みます
  3. 再びクランクハンドルのナットをアレンレンチで締め付けて固定します

バイスヘッドとのカウンターバランス

ロータリーバイスの回転をより安定してお使いいただくために、クランクハンドルはバイスヘッドとのカウンターバランスとして機能するよう設計されています。最適なポジションはバイスヘッドの方向に対して180°方向にハンドル部分が出ている状態となりますので、調整してお使いください。

 

メンテナンス

ハンドルノブの回転が硬い場合は、ハンドルノブのネジを緩めてからリール用の低粘性オイルを挿していただくと、動きがスムースになります。

一気に挿すのではなく少しずつ注油して、好みの固さに調整してください。